スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校というところ

水ごときで、やーやー言うひどい先生たちに文句を言いたい
人と少しでも違う行動を取るには
みんなが納得するように分かりやすく説明しなくてはならない
夏の暑い炎天下の日に水筒に水を入れて
学校へ持参するという程度のことすら、
「熱中症になるといけないので水筒を持たせます。いいですか?」と
許可をいちいち求めないといけなかった。
子供の命に関わるかも知れないのに自分の子供のニーズを
一番よく知っている親の自由をなぜ縛るのかそれはおかしい
学校側が正当だと認め、全体に向けて許可を発しない限りは許されなかった
「うちの子は暑いのが苦手で登下校の際に喉が渇くから、途中で水を飲めるよう、
水筒を持たせよう」と自己判断で決めることはできなかった。
学校に水を持って来ようが来まいが、
その個人の自由というふうには日本では見なされない。

自分の体験談。自由を奪っていながら、先生は生じた結果に対して責任をとらない
学芸会の時でもトイレに行きたくなったから
「トイレに行って来てもいいですか?」と
もうすぐ出番が近づいて始まる準備をするのに
先生は、忙しかったようで明らかに、聞こえていたはずなのに
「トイレに行って来てもいいですか?」と言っても無視された。
トイレに行くのは近くにあってほんの、2~3分のことだった。
もう一度「先生、トイレに行きたくなってしまったんですけど。」と言ったら
「いいから、きちんと並んでなさい、大丈夫だから…。」
こちらとしては、全然よくないのに後回しにされてしまった。
「もう、あと少しで、出番が来るからその後にしてね。我慢してね」と言われた
先生は、半分うわの空で準備のことと、観に来てくれている父兄に
こんなにがんばってますよと、見せたいと言う気持ちになっていた
すぐに戻ってきても間に合う距離で大丈夫なはずだった。
その日は歌を2~3曲歌うプログラムだった
別に、私は、出し物にどうしても出たかった訳ではないし
自分が出なくても同じポジションの人がいたからその人に
任せてもいいと思っていた。とにかくトイレに行きたかった。
それほど我慢したままで、舞台に上がったから案の定、
おしっこをもらしてしまったことがあった
もらしてしまった後は○○先生は、一言も言ってはくれなくて
他の先生が「どうしてトイレに行かなかったのかな?」と聞いてきた
私は「○○先生に我慢しなさいと言われて、でも漏れそうといいました。」
とても、恥ずかしい思いをしてしまって自分が悔しくて泣いてしまった
そのときの先生は、一言もその後も何も言ってはくれずにわかっていて、
避けるようにその話はしてくれなかった。
まるで、私が漏らしてしまったことがその先生の人生の大失敗を
したような態度にその日はなっていた。
先生が、私の立場だったら絶対に行って来ていたはず。
そのとき、先生の頭には学芸会を観にきている親たちと
親にいいものを見せたい自分自身の望みしかなかったんだ。
子供のことは2の次だったんだ。
先生たちに価値観は狂ってる。
先生たちは子供達を全員参加させたいとあまりにも望みすぎる
子供一人ひとりの事情などかまってられないんだね。
私が本当に体調が悪くても休ませてくれない。
たとえばそんな時、子どもを運動会に参加させたくない親は、
子どもが当日の朝、急に腹痛を起こしたことにでもしなければ
運動会を休ませることができない。
運動会を休ませた次の日の周りの同級生たちは
私が休んだことでどれだけ迷惑をこうむったかを文句を言う
あるいは、私一人が抜けたところで何の害もないかどちらかだった
私、本人には直接言わないで生徒同士で言いたいことを言って終わる
ずる休みではないとわかってもらうには、みんなの前でぶっ倒れないといけないの。
「突然の腹痛」は社会的に認められた正当な理由だけど
自己判断により周囲と異なった行動を取る人間が集団から制裁を受ける
だから周囲に多少批判されても自分が正しいと思うことを実行できなくもないが、
自分の子どものことになるとそう強くはなれない。
集団の中で子どもの立場が悪くなるようなことを敢えてしたくないと思うのは
普通のことだろう。
私の体験談、グループ分けの段階でもグループ行動の途中でも
判りきってはばにされていじめられるって判りきっているのに
先生たちは私を助けなかった。

そのことは又次に書くね
スポンサーサイト
プロフィール

マリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック

Author:マリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。