スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドメスティック・バイオレンスの
被害にあっている人に対する
保護する側のシステムが
間違っていると私は言いたい。
夫の暴力と暴言で逃げた私が

安らぎを求めて落ち着ける
場所を求めただけなのに
なんで
刑務所の独房そっくりのところで、
囚人のように扱われるの!

独房に入る直前に
強い薬を飲まされて
意識がもうろうとなって
はいつくばってご飯をたべさせられ
ほかの患者と同じように
しなければいけないのか
一人暮らしのアパートが見つかるまで
シェルターに行くか、精神病院に行くか
聞かれたとき、精神病院に行くと
こんな扱いをうけるという説明がなかった
女性センターの人は
精神病院を選んだ人が
そこで、どんな目にあうのか、
知らないに違いない
そのひどさは正常な人も
精神が異常になるほどだ。
名前も知らない病院に
女性センターの人に
連れて行かれた
女性の看護師に
「すぐに出られると思うけど
 ちょっと、この薬飲んでくれる?」
私は、強い睡眠薬かと思った
私は、だまされた。
説明を受けて同意するという
プロセスがそのときなかった。
刑務所のような独房に
1~2日入れるという
説明もなかった
其の薬のせいで思考力が
働かなくなった私は
出して!とさえ言うことが
出来なくなっていた。
DVで夫から命からがら
逃げてきたのに
何というめにあわせるの!
こんなシステムがあることは許せない!

           つづく




スポンサーサイト
プロフィール

マリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック

Author:マリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。