6さいのわたしが考えていたこと

6さいのわたしが考えていたこと

何で動物ではなくて人間として生まれたんだろう
たった6歳で何のために生きているかを考える
そんな年頃ではない。普通は思春期になって
初めて考えることとジャン・マリー神父に言われた

ネグレクトと性同一性障害のダブルパンチ

前回書かなかったけれど
「はじめてのおつかい」というテレビ番組があるが
その中で男の子が一人でがんばっているものを見ると
涙が出てきて、がんばれって応援してしまう
どうしてそうなるのか自分ではわからない。
男の子の回だけすごく反応をする。
やっぱり自分でもおかしいと思っている。
普通に見ていられない。

男の子のような自分に対していやだったけれど
母親たちも我慢してつきあってくれていたのだと思う
入学式を過ぎたら男女ともに近所の子達は
口をきかなくなって挨拶すらしなくなってしまった。
その親に付き合うなと言われたのだと思う

小学校に入ってから地域ぐるみのいじめが始まった
人生が大きく変わった

いまでも、幼稚園の卒園歌にも異常に反応して
曲を聞いただけで普通のときにでも泣いてしまう
わたしのなかではこの時に子供時代が終わってしまった

この続きは明日のせるからね
楽しみにまってちょ!
スポンサーサイト
プロフィール

マリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック

Author:マリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード