スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネグレクト(育児放棄)と性同一性障害のダブルパンチ

ネグレクト(育児放棄)と性同一性障害のダブルパンチ
まずは、性同一性障害についてかくね。

私は、女性の体で頭は男性の脳を持っている
うまく伝わらないかもしれないけれど
本当に悩んで、悩んで、自分の存在価値が
あるのだろうかとまで、悩んできたことなんだ

父親にも「お前はお母の腹の中におちんちんを
忘れてきたんじゃないのか?」と
言われてしまう事が多かった。

自分には兄貴と姉がいたが兄貴のほうが大好きだった
2.3歳のころはあまり目立たなかったけれど。
幼稚園に入ってからいろいろ女の子らしくない行動をして
両親からも困ったことばかりする問題児といわれ始めた

自分自身では中学校に入ったぐらいから
女の子としての自分に違和感があり
本当は男としての生まれる予定だったんじゃないかと
真剣に悩み始めていた。
男の子がするようなことばかりやる様になっていった
服も当時流行ったストリート系の服を着て
声を出さなければ男子そのものだった

女の子の集団には入ることがなかなかできずにいた。
なぜ、女の子が男の子のような遊びをするだけで
注意を受けて「女の子らしくしたらどうだ」と
いわれなくてはいけないのかがわからなかった
バレンタインチョコを誰に渡すかと聞かれたことがあったが
そんなことにはまったく興味がなかった
心の中では本当に女ってめんどくさいよなと思っていた

女の子らしいことが出来ないと非常に出来のわるい子として
だめな女の子として低評価で文句ばかり言われてきた

一応は我慢してセーラー服を着て学校に行っていたが
すごく兄貴の学ランを着て行きたくて仕方がなかった

小さいころの遊びといえば
年がばれちゃうけどまぁいいや!
着せ替え人形とかままごとではなくて
超合金でできたロボットとか野球盤にラジコン
トミカのミニカーで遊ぶパーキングのおもちゃ
テレビゲームとキン消し、ドラえもんの小さい消しゴム
読み物といえばコロコロから始まって
ヤングジャンプ・ヤングマガジン・ビッグコミックだった。

外で遊ぶとしたら近所の空き地に出来たトライアルコースで
自転車が壊れるぐらいまでジャンプしながら遊んだ

もちろん野球もして結構うまかったから仲間に入れてもらえていた。
みんなで隣の町にあるちょっと遠くの公園に遊びに行ったりしていた。

そんなこと、よくあることだよと言った女友達や先生は嫌いだった
こちらは真剣に悩んでいるんだから笑わないで聞いてほしかった

もうすこし、この話が続くと思うから読んでね
続きがあるからね!



スポンサーサイト
プロフィール

マリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック

Author:マリア・アントニア・マルガリータ・マリア・アラコック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。